読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋田県で暮らす日記

大館市にIターンして見つけた地域らしさを紹介します

仕事・車

食堂「さくらだドライブイン」(大館市)

秋田自動車道大館北ICすぐ、国道7号沿いの食事処で、定食や丼に麺類がずらり。 座敷もあり、青年コミック系の漫画本がたくさん置いてありくつろげます。 青森との県境に近い旅の途中感と、昭和の面影がワクワクするお店です。 食堂「さくらだドライブイン」 …

ナイスタイミングモナカ

寝坊して食事をせずに出勤し、何だか頭が働かないと失敗を悔いていた朝。 現場で久々に会ったダンプの大先輩が、偶然ずっしりしたモナカをくれました。 大館訛りで話が半分聞き取れませんが、とてもいい人で助けられてばかりです。

春夏仕様の自販機

職場にある自販機の品揃えが、全て冷たい飲料に替わりました。 冬は控室で火を焚き温かい缶コーヒー、夏空の下で冷たいコーラを飲んだ思い出。 外仕事の休憩では、飲み物がよりおいしく感じられます。

桜色の洗車場

勤務先の洗車場裏にある桜の木が、昨夜からの雨で花びらを散らしていました。 いつもはコンクリート色の地面が桜色に、今日は車を洗うたび少しうきうき。 いま大館の方では、ぼんぼりのような八重桜が綺麗に咲いています。

「打当温泉 森の香り」(北秋田市 マタギの里観光開発、秋田市 パレアンヌ)

北秋田市阿仁の「打当(うっとう)温泉マタギの湯」で購入した芳香スプレー。 温泉周辺の森と、近くの熊牧場「くまくま園」のクマ達をイメージしています。 仕事のトラックのキャビンで森林浴気分を楽しんでいます。 (平成29年4月28日時点の情報です)

作業用防寒ジャンパーをしまう

年の半分ほど仕事で着ていた上着を衣替えで仕舞いました。 冬は大雪で夏は暑い盆地の大館は、四季が特にはっきりしていると感じます。 一方また半年後に冬が来て、季節を「冬」か「冬でない」かで捉えることも。

コンビニの駐車場がすごく広い

大館辺りや、おそらく地方共通で、駐車場が広大なコンビニをよく見かけます。 幹線道路沿いの大型車可の店では、多地域ナンバーのトラックが停まる風景が。 移住して接客のアットホームさも度々感じ、まさにオアシスのような存在です。 (イメージ画像/「い…

謎の英語の帽子をゲット

田んぼや畑の紳士達が愛用しているのを見る、英語メッセージが書かれた帽子。 ずっと興味がありましたが、このたび運転手兼農業の大先輩から授かりました。 やはり農に携わる人は持っているのか、私もこれを被り畑と稼業に励まねば。

春を告げる無事カエルくん

勤務先の門の両脇で車が無事帰ることを待つ、つがいの蛙の石像。 暖かくなり、冬季は凍るため控えていた、毎日の水のお供えが再開しました。 営業終了後は、凍ると収納できないため外していた門の鎖もかけられるように。

わさおプルバックカー

おとなり青森鯵ヶ沢在住の秋田犬「わさお」が乗った軽トラのおもちゃ。 後ろに引いて手を離すと結構な速さで走ります。 購入した新青森駅は大館から秋田駅より近く、帰省でたびたび利用しています。

ヤッケズボン

水をある程度弾き蒸れにくく軽量、服が汚れないよう上に履くズボンです。 生コンの仕事で使っていて、農作業や水仕事全般でも役に立ちます。 もっと若々しい柄にしなよと言われますが、味があり気に入っています。

雪の上り坂を3速で

いつも2速で上る現場が雪で越えられず、3速で行けとの助言で登れました。 1、2速の低速ギアだと、抵抗が強く雪の坂では登れない場合があるようです。 常識よ(雪国の!)と笑われ、道や荷の状況で対処は様々、勉強になりました。 (会社の許可を得て安全…

ホースが凍って使えなくならないように

仕事のミキサー車にはホースと水タンクが外についていて散水できます。 氷点下ではホースの残水が凍結するため使用後に水抜きが必要です。 短時間でも外気温で凍る感覚に慣れず、何度か寒さを見誤り固まらせました。

スノーブラシ

車の積雪を払う刷毛で、凍った部分をこそげるヘラもついています。 降雪期は車にこのスノーブラシを常備しています。 仕事のミキサー車には150cmまで伸縮する長いものを使っています。

車のワイパーを立てる

雪が降るような寒い日は駐車時にワイパーを立てます。 ワイパーがガラスに凍結してくっつかないようにするためなどの理由です。 秋田に来るまで知らなかった雪国の習慣です。

通勤は車で15分

職場まで車で15分のところに住んでいます。 冬は雪道や凍結路で速度を抑えるのと、社用車の除雪のため早めに出発します。 満員電車とバスに乗らずに済むのはとても気に入っています。