秋田県で暮らす日記

大館市にIターンして見つけた地域らしさを紹介します

名産・土産・作品

ネマガリダケを素焼きにする

大館市田代地区の直売所「たけのこ館」で購入した、地元田代岳産のタケノコ。 両端を切り縦に切れ目を入れオーブントースターで焼き、手で皮をむいて塩と。 香ばしくホクッ、ザクッとした食感、深山の瑞々しい味はこの上ない絶品です。 akitaodatelifejp.hat…

「煉屋(ねりや)バナナ」(大館市 煉屋菓子舗)

創業昭和2年からのロングセラー、地元で愛される大館銘菓の白あんモナカ。 あたかもバナナの味で、原料に果実を含まないことに最初気づきませんでした。 お土産に渡して、バナナ不使用と知った反応まで見届けたくなるお菓子です。 (平成29年6月17日時点の情…

秋田犬をモフモフする

お母さん犬と子犬7匹を飼うお宅で、性格はバラバラでも可愛いことは共通。 モフモフとはよく聞くが初めて触れ、特に長毛の子は、本当にモフモフしていた。 動画投稿サイト「You Tube」で「秋田犬 純」と探せばめんこい姿が見られます。 (平成29年6月16日時…

最低気温は8度差

朝スマホの天気予報を見て、おっ珍しく暖かいな、と思ったら故郷の気温でした。 普段は大館の表示が触れると横須賀に切り替わる設定で、ふいに押していたよう。 温暖な気候や海風を思い出しつつ、稲がそよぐ風を見るのも気持ちいいものです。

ネマガリダケ(筍)は今が旬(大館市田代地区)

秋田で筍といえば細長の「根曲がり竹」で、ここ田代山域は豊作で美味と評判。 今日は毎年開催の旬を祝う祭りで、タケノコ汁や生タケノコ販売に長蛇の列が。 柔らかでザクッ、シャキッとした食感を併せ持つ、繊細な味わいはとびきりです。 イベント「田代名産…

アカシアの天ぷら(鹿角郡小坂町)

雨上がりの「アカシアまつり」は飲食ブースやステージイベントなどで賑やか。 アカシア(ニセアカシア)が白く咲く「明治百年通り」を歩けばハイカラ気分に。 露店で見つけたこの天ぷらも、花の芳香と甘さがおもしろい小粋な味でした。 イベント「第34回 ア…

若苗色(わかなえいろ)の田んぼ

田植えがほぼ終わり、辺りは稲の若苗が並ぶ「早苗田(さなえだ)」の眺め。 大館や北秋田の方では、町中から遠くなくこうした牧歌的な風景が広がります。 根付いた稲苗はこの後ぐんぐん育ち、もっと緑が濃くなっていきます。

「かわつらカレー」(湯沢市 川連運送、秋田市 秋田県食肉流通公社)

生鮮品輸送のプロ「川連(かわつら)運送」の賄いを再現したレトルトカレー。 同じ運転職としてトラックの写真が気になり、道の駅象潟(きさかた)で購入。 豚肉・りんご・ネギなど県産食材たっぷりのコクは、常備したくなる味です。 (平成29年6月5日時点の…

秋田蕗の傘

庭のアキタブキ(秋田ふき)が大きくなりました。 雨なので刈って頭上にかざしてみたところ、サイズは十分で風には従順なもよう。 柄の部分が食べられる、煮物や漬物にするとおいしい傘です。 akitaodatelifejp.hatenablog.com akitaodatelifejp.hatenablog.…

カッパの根付ストラップ(岩手県)

帰省で乗ったバス「みちのく号」終着の盛岡駅で見つけた岩手遠野の河童グッズ。 故郷へ土産を買う目的で寄った売店で、一期一会と言い訳して自分用に購入。 大館に訪れた友人も秋田犬グッズに魅了されていたっけ、ご当地ものの力は強し。 akitaodatelifejp.h…

田植機

育苗箱(いくびょうばこ)という器で育てた苗のまとまりを田植機に乗せます。 進むと機械の爪が苗を挟み土に差すものが主で、一度に植える量など種類は様々。 操縦、苗補充、空箱洗いといった分担で家族や知人が集う日は、田んぼが賑やか。

ナイスタイミングモナカ

寝坊して食事をせずに出勤し、何だか頭が働かないと失敗を悔いていた朝。 現場で久々に会ったダンプの大先輩が、偶然ずっしりしたモナカをくれました。 大館訛りで話が半分聞き取れませんが、とてもいい人で助けられてばかりです。

カエルの合唱

家の周りが田んぼなので、この時期の夜はカエルの大合唱が聴こえてきます。 ケロケロクワックワックルルルル、日本の原風景のど真ん中にいるようです。 なぜか家の中にもカエルがいる。

水田がきれい

田植えの時期を迎え、大館も各所の田んぼで水が張られています。 山や空を映す水鏡となり、この時期ならではの美しい景観に。 秋田暮らしを実感する風物詩で、季節がまた一周したとしみじみします。

秋田のブドウで「十和田湖高原ワイン」

移住前は十和田湖と言えば青森で、秋田にまたがっているとは知りませんでした。 十和田湖を有する秋田県小坂町産の、山葡萄由来の品種ワイングランドが主原料。 デザートのように甘く柔らかな赤ワインです。 「十和田湖高原ワイン」 【企画】十和田湖樹海農…

「ハーブ園 秋田由利牛カレー」(由利本荘市 秋田ニューバイオファーム)

にかほ市の「道の駅象潟(きさかた)ねむの丘」で見つけたご当地カレー。 レトルトながら肉がごろっと柔らかく、色々入ってスパイシーな手が込んだ味。 今は粘り少なめの秋田米「めんこいな」を食べていて、ちょうどカレー向きです。 (平成29年5月15日時点…

畦の草刈りを手伝う

今は田んぼの作業時期で、大家さんのところで畦の草刈りを体験しました。 やってみると草刈機がズシッと腰にきて、機械でも相当な重労働。 害虫被害などを防ぐためで、おいしいお米ができるまでの苦労を少し知りました。

タラノメとコシアブラを天ぷらにする

去年初めて食べて衝撃を受けた山菜、天然タラノメ(右)とコシアブラ(左)。 さっきそこの山で採ってきたものを揚げて食べていますが、本当に美味しい。 このために厳冬を生きていると言えそう、山の幸ありがたや。

爽快な山ウド

ご近所さんが採った天然の山独活を分けてもらいました。 酢水でアク抜きして生で食べる「ぬた」を冷酒と一緒に。 風が吹くような爽やかな香りと苦みが何とも言えません。

ゼンマイを干す

山で採ったゼンマイを、保存とおいしく食べるための下拵えにかかりました。 綿毛を取り除き茹でてアク抜きし、広げて日に当て時折もんで乾燥させます。 数日の手間がかかるのも、あの豊かな滋味を一度味わうと苦になりません。

育てたタラノメを調理

水耕栽培したタラノメを湯通しして味見すると、天然物より風味が弱い様子。 ほうれん草とミキサーで撹拌し、具を加え調味しソースを作りました。 粉々にするのは勇気がいりましたが、ほのかにタラノメ感のある春の味でした。 akitaodatelifejp.hatenablog.com

秋田犬が雄姿を誇る(大館市)

忠犬ハチ公のふるさと大館に、この日は全国から約180頭の秋田犬が大集結。 恒例の展覧会で、毛並みや体つきなどを競う立派な晴れ姿に会場が沸きました。 市では会える秋田犬や資料館、橋上の像やマンホール蓋の絵柄などにも秋田犬が。 イベント「秋田犬保存…

「打当温泉 森の香り」(北秋田市 マタギの里観光開発、秋田市 パレアンヌ)

北秋田市阿仁の「打当(うっとう)温泉マタギの湯」で購入した芳香スプレー。 温泉周辺の森と、近くの熊牧場「くまくま園」のクマ達をイメージしています。 仕事のトラックのキャビンで森林浴気分を楽しんでいます。 (平成29年4月28日時点の情報です)

「おおだて えだまめモナカ」(大館市 倶楽部スイーツ)

秋田県は枝豆の生産が盛んで、大館も主要な産地です。 最近はお菓子など加工品も多彩(「えだまめのまち大館」Facebook参照)。 ぷくっとコロコロした枝豆の形、甘い枝豆あん入りの可愛い最中です。 (平成29年4月25日時点の情報です)

ゴマ餅を作る

白黒のゴマが香ばしいうずまき模様のお餅で、大館や周辺でよく食べられます。 もち粉を蒸かしてすりゴマや砂糖を練った2色の生地を伸ばし重ねて巻きます。 切ってきれいな渦が出るとおぉとなる、作るのも楽しい郷土菓子です。

アキタブキ手ぬぐい

フキノトウが花咲きトウが立ち(茎が伸び)、蕗の葉が育ってきました。 旅先でついつい買ってしまうご当地手ぬぐいに、でんと大きく描かれた秋田蕗。 確かに成長すれば傘になるほど大きく、庭に群生する壮観が今夏も楽しみです。 akitaodatelifejp.hatenablo…

曲げわっぱの弁当箱に感銘を受ける

秋田杉を薄く剥いで曲げ、山桜の樹皮で縫った、大館の伝統的工芸品の曲物。 杉がごはんの余計な水分を吸い、殺菌防腐効果と香りを持つ種類が愛用品です。 弁当箱でこれほど味わい良くなるものかと、昼休み毎に感動しています。

ギョウジャニンニクの誘惑

山菜の師匠である同僚の運転手さんが育てた行者にんにくをもらいました。 お腹のすく匂いで、仕事終わりの支度中には早く帰り調理しようとうずうず。 さっと湯通しして酢みそをかけて、ビールがとても欲しくなる味です。

ご当地調味料「味どうらくの里」(大仙市 東北醤油)

秋田県内で広く親しまれている万能つゆ。 醤油や鰹だしなどがいい塩梅で合わさり、麺汁や煮物に鍋物、醤油代わりにも。 ゆで卵と袋に入れて一晩漬けた味玉は、簡単でもあんべいいな、上出来!

ご当地調味料しょっつる

鰰(ハタハタ)を主な原料にした、秋田県特産の伝統的な魚醤。 いくつか醸造元があり、塩気・旨味・香りが特徴的な調味料という印象です。 魅惑の澄んだ色によるかけ過ぎ注意で、味を見て少しずつ使っています。 (平成29年4月17日時点の情報です)

タラノメを育てる

山菜たらの芽が自家栽培できると教えてもらい、成長を楽しみに育てています。 実践している同僚の運転手さんが、新芽の出たタラノキを分けてくれました。 温かい屋内の日向で水を入れた容器に挿して、日々大きくなる姿が可愛いです。

ばっけみそ(ふき味噌)を作る

秋田の県花でもあるフキノトウは、時季至る所で見られる身近な山菜です。 山野や川辺、田んぼの畦や田舎道のほか、幹線道路沿いに自生していることも。 新鮮なものを味噌と合わせて、ほろ苦い春の味にごはんと晩酌が進みます。

秋田のブドウで「大森ワイン」(メルシャン)

横手市大森地区で栽培された葡萄で造った県内限定販売の白ワイン。 日本酒大国の印象がある秋田で、大手メーカーのこれには興味を引かれました。 いぶりがっこのクリームチーズのせが良く合います。 (平成29年4月5日時点の情報です)

わさおプルバックカー

おとなり青森鯵ヶ沢在住の秋田犬「わさお」が乗った軽トラのおもちゃ。 後ろに引いて手を離すと結構な速さで走ります。 購入した新青森駅は大館から秋田駅より近く、帰省でたびたび利用しています。

秋田美人の師匠

移住前から東京で江戸小唄を習っており、今も帰省時に通い稽古しています。 師匠の春日とよ芝鳳先生は秋田の横手市出身。 まさに秋田美人です。

いぶりがっこをもらう

料理上手な地元のお母さんが作ったいぶりがっこをもらいました。 秋田では、こうした美味しいものの作り方を教え合う光景もよく見られます。 以前実家に持ち帰り以来、家族は次のがっこの帰省を待ち望んでいるようです。

日本酒「高清水 春の純米」(秋田市 秋田酒類製造)

地元のスーパーにはやはり秋田産の日本酒がいろいろ並んでいます。 駅の売店や東京の居酒屋でもよく見かける高清水の、季節限定品を選びました。 いつか秋田全ての蔵元の味を確かめてみたいものです。

紫根染・茜染が通りを飾る(鹿角市花輪)

地域伝統の草木染め、鹿角紫根染・茜染(かづのしこんぞめ・あかねぞめ)。 植物のムラサキとアカネの根でなす色は、鮮やかかつ優美です。 明日まで大町・新町商店街アーケードを70枚のタペストリーが彩ります。 イベント「伝統の紫根染・茜染彩る街」 【期…

りんご柄ガムテープ

大館から青森弘前市街は車で約1時間と、秋田市へより近く出かけやすいです。 弘前の街へ向かう道中の農産物直売所で見つけた可愛いガムテープ。 これで梱包された荷物が届いたら、思わず嬉しくなるかも。

「ぴるない比内地鶏ハム・ソーセージセット」(大館市 あきた六次会)

地元のスーパーで見つけた、比内地鶏加工食品3種セットの少量パック。 100グラム入り店頭価格税別千円、少しずつと思うも一気に食べてしまいました。 うーん、大人買いしたい。

裏起毛もんぺ

昭和な趣ある、洋品店と呼びたい感じの角館の服屋で購入。 温かく柔らかい素材で、寒いときの部屋着にぴったりです。 柄がうさぎやフクロウなど豊富で悩み、秋田おばこ風の絣プリントにしました。

日本酒「純米大吟醸 鳥海山」(由利本荘市 天寿酒造)

「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2017」最高金賞受賞のお酒。 100円ショップのワイングラスで何だか優雅な気分です。 今年は鳥海山に登れるといいな。

「桜もろこし」(秋田市 斉藤製菓)

地元のスーパーで見つけた、桜の形をした春らしい諸越(もろこし)。 諸越は小豆粉でできた干菓子で、お茶請けにぴったりな秋田銘菓です。 定番の四角や丸形、秋田犬やなまはげの形など様々で、お土産にも喜ばれます。

「なまはげシロクマ」(男鹿水族館GAO)

男鹿水族館GAOで購入したなまはげの格好をしたシロクマのぬいぐるみ。 実物のなまはげや白熊は力強い感じがあるが、グッズになると完全に可愛い。 着脱できるモフっとした毛のフードにはキーホルダーのフックがついています。

日本酒手ぬぐい

秋田県内の蔵元の日本酒銘柄がずらりと書かれた手ぬぐい。 移住前に県内を巡った際、能代の雑貨屋で見つけて購入しました。 台所で使っていて、お酒好きにはいつ見ても素晴らしいデザイン。