秋田県で暮らす日記

大館市にIターンして見つけた地域らしさを紹介します

近県・他県と秋田

「ポテトチップス 秋田の味 しょっつる鍋味」(カルビー)

市内のコンビニで見つけ珍しいなと購入した帰り道、夜には雷が鳴りだした大館。 県特産の魚醤しょっつるの主な原料ハタハタは、別名カミナリウオ(雷魚)とも。 隣に「青森にんにく味」もあり、調べると47都道府県の味を出す企画のようです。 (平成29年9月1…

大館ご当地歩道フェンス

市のシンボル鳳凰山(大文字)モチーフの防護柵が所どころで採用されています。 山での大文字焼きは他県でも、代表的な京都をはじめ、神奈川の箱根など全国に。 秋田犬のふるさと大館では今夏、ひと味違う「犬」文字が灯る演出がありました。 (平成29年9月1…

大館ご当地下水道フタ

新築工事の現場などで見かける、公共マスという下水道設備のデザイン蓋。 名産の秋田杉と、大館市が発祥地とされる秋田犬が可愛く描かれています。 マンホールのふた同様、全国にもご当地柄を用いた自治体があるそうです。 (業務に差し支えない範囲で撮影し…

欄間(らんま)

自宅古民家の欄間は部屋や壁ごとに異なるデザインで、写真は一部です。 装飾と採光に風通しといった目的で、昔の日本家屋などで見られるお洒落。 インテリア大国北欧然り、冬に長く過ごす秋田の住まいを楽しみたいものです。

喫茶店「TEA HOUSE リーベ」(岩手県盛岡市)

帰省で経由する街への寄り道が習慣で、盛岡は当駅から繁華街が遠いため早歩き。 扉を開くと西洋クラシック風の内装で、少しずつ趣が異なる席がある二階も素敵。 紅茶の種類が多く選ぶのも楽しい、町に昔からある老若男女に親しまれる店です。 「TEA HOUSE(…

ゴーヤが実をつける

暗くなるのが早くなり、畑仕事半ばで切り上げようとしたところ発見。 暑い沖縄特産の夏野菜ゴーヤーが、秋田で今頃になって実を結ぶとは。 寒冷地の山里で5cmの果実がこの後どうなるか、熱視線で見守ります。

秋田の夏を振り返る

特に印象的だったのは秋田や近県の多様な祭り、元気に育った自家菜園の夏野菜。 遊びの対価に去年は海でブヨ、今年は山でアブに栄養をやった思い出。 ともあれとても魅力的な田舎の夏が秋田にはあります。

ご当地グルメ「森吉山ダムカレー」(北秋田市)

全国で増えるダムカレー、写真は道の駅たかのすと四季美館の食堂で販売のもの。 ご飯がカレーをせき止めている感じ、牛肉に地物野菜や山菜が多彩で楽しげ。 ほか喫茶ねもりだでも、地元の同ダムがテーマの異なる一皿が食べられます。 (平成29年8月29日時点…

執念の名花火に熱たぎる(大曲の花火 大仙市)

日本一を賭け全国の花火師達が腕を競った昨日、秋田で毎年開催の栄えある大会。 精緻な技光る大輪、眼前に一面の閃光、一瞬で焼き付く芸術を歓声が証明します。 冠水被害を徹夜で克服、70万の客と住民や商人の思いが背景の只ならぬ花火です。 イベント「全国…

山上は一足先の秋(秋田駒ヶ岳 仙北市、岩手県岩手郡雫石町)

雨のなか長袖を二枚重ねカッパを着てちょうど良く、爽やかな秋山の気配。 8合目の登山口を入ると、序盤から様々な高山植物が目を楽しませてくれました。 阿弥陀池付近の草原は、薄紫のハクサンシャジンなど涼しげな花たちのパノラマ。 秋田駒ヶ岳(あきたこ…

ハンバーガー「ラッキーピエロ ベイエリア本店」(北海道函館市)

東京からの来客の希望で函館へ、大好きなご当地チェーンに一年ぶりの再訪。 いい意味で怪しげな外観と、本格的な味に魅惑の炭酸ラッキーガラナがツボ。 距離感を狂わす大北海道も函館は大館より電車で3時間弱から、近い気がします。 バーガー・カレーレスト…

喫茶店「麦藁帽子」(青森県青森市)

何かと訪れる青森市は趣ある老舗が多く、喫茶店巡り好きに楽しい場所。 ふわり泡立つミルクの珈琲に、パリッと小気味良いホットドッグのモーニング。 遠方ナンバーの車をよく見るお盆の頃、店も朝から賑わい活気づいていました。 喫茶店「麦藁帽子」(むぎわ…

ラーメン「Aji-Q鷹巣店」(北秋田市)

秋田や岩手に展開するアジキュー、パンダの看板がどことなく昔風でいい味。 都会のカウンターだけの拉麺屋より、グループで利用しやすい店が主流のこちら。 一人でもゆっくり心置きなくラーメンが、さらに餃子もカレーも食べられます。 「ラーメンショップAj…

ねぷた天高く罷(まか)り通る(青森県五所川原市)

「ヤッテマレ!」(やってしまえ)の掛け声が熱く耳触り良い津軽の夏の夜。 高さ20メートルを超す立体的な人形灯籠の山車一行が市中を練り歩く威勢。 祭りのために電線を地中化した全力で楽しむヤッテマレの心意気にしびれます。 年中行事「五所川原立佞武多…

NHKのど自慢の予選で敗退する(大館市)

明日6日に生放送予定のテレビ番組「NHKのど自慢」の会場は大館です。 今日は予選で残念ながら落選しましたが、舞台での高揚と緊張感は得難い経験。 秋田を宣伝したい気持ちにさせてくれた土地と地元の人たちに改めて感謝します。 (平成29年8月5日時点の情報…

炎天下のアジサイ

秋田の夏は短くも暑く、仕事のトラックの居室に冷凍冷蔵庫がほしい今日この頃。 そんな8月も家の方では、健気に美しい姿を見せる紫陽花(あじさい)。 帰るとドライフラワーになっていないか心配でしたが、なおも凛としていました。

「牛たん炭焼 利久 名掛丁店」(宮城県仙台市)

神奈川への帰省で高速バスの大館仙台線を使い、乗継時間を多めに取り街を散策。 丸い薄切りに慣れているため、仙台名物ぷりっとした厚切り牛タンはやはり特別。 カウンターでさっと済ませた大都市、また遊びに来たい杜(もり)の都です。 「牛たん炭焼 利久 …

「古遠部温泉」(ふるとおべ、青森県平川市)

大館と県境で接する平川の碇ヶ関(いかりがせき)温泉郷の宿に日帰り入浴。 毎分500リットル湧く豊富な源泉掛け流しが湯船をあふれていく様は実に見事。 山中の林道最奥にある静かな立地で、雰囲気もまた渋くしっぽりできました。 (館内は無断撮影厳禁、○い…

初めての「いきなりステーキ」(イオンモール盛岡店 岩手県)

岩木山登山計画が雨で一転、友人代案で最も近い「いきなりステーキ」へ初遠征。 チェーン店で東京圏に多数あるも灯台下暗し、かたや東北は仙台とここ2軒のみ。 大館と盛岡、仙台を結ぶバスもあるし、次は太白山に登ったら仙台店ねと打合せ。 「いきなり!ス…

十和田湖の花火(青森県十和田市)

秋田との県境付近で明日まで開催「十和田湖湖水まつり」の花火を見物。 日中30度を超えた真夏日も、夜の湖畔は風が気持ちよく涼やか。 湖上に打ち上がっては水面に映り、美しさに見とれる40分間でした。 イベント「第52回 十和田湖湖水まつり」 【期間】平成…

エコの里から発信(大館市)

環境関連会社ブースや蚤の市に、ご当地グルメ出店などを合わせた催しは11回目。 鉱山の町として栄えたノウハウを生かしリサイクル・環境系の企業が集まる大館。 次の東京五輪用メダル原材料となる、小型家電「こでん」再資源化の発祥地です。 イベント「大館…

自然の中で「お試しサテライトオフィス」(大館市、総務省)

都市部の企業などを一時的に招きオフィス環境を提供する事業。 体験中のフリーライターなかりほさんに、移住関連の記事で取材を受けました。 Webメディア「DRESS」掲載予定※で、大館や秋田への関心が増えますように。 ※「女性は地方移住で幸せになれる? 田…

夕顔が実をつける

雄花のみ咲いては枯れ、実となる雌花が見えず心配していた夕顔。 朝起きて観察しにいくと、果実らしい膨らみをもった雌花の姿が。 花は夕方開き朝まで咲きますが、なぜか都会の会社員時代を思い出す花の金曜日。

白神山地のブナ林(岳岱 山本郡藤里町)

移住前ずっと青森だと思っていた白神山地の大自然、秋田と両県に及んでいます。 清々しいブナの天然林に包まれる、秋田県藤里の「岳岱(だけたい)」エリア。 見上げると木もれ日に透き通る緑、車道から近い散策路でもどっぷり浸れます。 岳岱自然観察教育林…

最低気温は8度差

朝スマホの天気予報を見て、おっ珍しく暖かいな、と思ったら故郷の気温でした。 普段は大館の表示が触れると横須賀に切り替わる設定で、ふいに押していたよう。 温暖な気候や海風を思い出しつつ、稲がそよぐ風を見るのも気持ちいいものです。

おかげさまのジャガイモ

今年5月上旬すでに種芋は品切れで、大家さんと上司に分けてもらい植えたもの。 北海道の台風被害で芋は品薄だろうと言われ、時事が結びつかなかったと反省。 畑にいなかったかもしれないキタアカリは、芽を伸ばしすくすく育っています。

ネマガリダケ(筍)は今が旬(大館市田代地区)

秋田で筍といえば細長の「根曲がり竹」で、ここ田代山域は豊作で美味と評判。 今日は毎年開催の旬を祝う祭りで、タケノコ汁や生タケノコ販売に長蛇の列が。 柔らかでザクッ、シャキッとした食感を併せ持つ、繊細な味わいはとびきりです。 イベント「田代名産…

カッパの根付ストラップ(岩手県)

帰省で乗ったバス「みちのく号」終着の盛岡駅で見つけた岩手遠野の河童グッズ。 故郷へ土産を買う目的で寄った売店で、一期一会と言い訳して自分用に購入。 大館に訪れた友人も秋田犬グッズに魅了されていたっけ、ご当地ものの力は強し。 akitaodatelifejp.h…

もつ焼き・居酒屋「秋田屋」(東京都港区)

浜松町オフィス街、秋田の酒「高清水」の看板を掲げる昭和4年創業の老舗。 初代が秋田出身、逸品の煮込みや串焼きに、筋が通ったシンプルな品書き。 今や江戸っ子が切り盛りする、お酒の場いいなと思わせる熱気の店でした。 モツ(ホルモン)焼き・居酒屋「…

秋田話し言葉「間に合う」

東京の方では「間に合う」は時間、量には「足りる」の使用が多いと思います。 仕事で「(生コンの量が)間に合った?」というような会話がよくあります。 入社当初しばらく、高らかに「(時間に)間に合いました!」と答えていました。

藤の花が色を増す

大館辺りでは最近、沿道あちこちで紫色の野生のフジが咲いています。 移住前は造園された藤棚でしか見たことがなく、なよやかな印象の花でした。 こちらで自生するフジは異なる見え方で、野趣があり迫力さえ感じます。

秋田のブドウで「十和田湖高原ワイン」

移住前は十和田湖と言えば青森で、秋田にまたがっているとは知りませんでした。 十和田湖を有する秋田県小坂町産の、山葡萄由来の品種ワイングランドが主原料。 デザートのように甘く柔らかな赤ワインです。 「十和田湖高原ワイン」 【企画】十和田湖樹海農…

春を満喫する

山菜採りに出かけたり家庭菜園をしたり、外に出るのが楽しい今日この頃。 秋田の冬は長く辛抱していたので、春の存在をよりありがたく感じます。 関東や関西と何ヶ所かに住みましたが、ここが一番春の嬉しい場所です。

下風呂温泉「さが旅館」(青森県下北郡風間浦村)

下北半島北部の海沿いにある下風呂(しもふろ)温泉郷の旅館に宿泊しました。 漁港を眼前に地物の新鮮な魚介類を中心とした料理は、海の幸の玉手箱のよう。 温泉はこぢんまりと癒され、北の宿らしいひなびた良さの旅情がありました。 「さが旅館」 【所在地…

種差海岸(たねさしかいがん、青森県八戸市)

太平洋側の名勝「種差海岸」のうち、水際から芝生が広がる「種差天然芝生地」。 天候に恵まれ海の青と芝の緑が映え、初めて見る美しい景観に感動。 東北の海辺は寒色の印象でしたが、これほど鮮やかな景色があったとは。 種差天然芝生地 【所在地】青森県八…

秋田犬が雄姿を誇る(大館市)

忠犬ハチ公のふるさと大館に、この日は全国から約180頭の秋田犬が大集結。 恒例の展覧会で、毛並みや体つきなどを競う立派な晴れ姿に会場が沸きました。 市では会える秋田犬や資料館、橋上の像やマンホール蓋の絵柄などにも秋田犬が。 イベント「秋田犬保存…

夜桜の花筏(青森県弘前城)

昨晩は弘前城・弘前公園へ夜桜見物に、付近の混雑で普段より30分長いドライブ。 お濠には花びらが散り始め、水面に浮かぶ花筏(はないかだ)へ移ろうところ。 来月7日まで「弘前さくらまつり」期間で、ライトアップや出店などが実施中。 イベント「弘前さく…

スイセンが彩る

大館は水仙の時季で、道路脇やのり面、家々の庭など花やいだ風景です。 品種によりますが、神奈川在住時は1、2月頃よく見たので冬の花という印象が。 サクラも故郷は葉桜と聞いて半月、こちらは今から見頃と北国を実感します。

コンビニの駐車場がすごく広い

大館辺りや、おそらく地方共通で、駐車場が広大なコンビニをよく見かけます。 幹線道路沿いの大型車可の店では、多地域ナンバーのトラックが停まる風景が。 移住して接客のアットホームさも度々感じ、まさにオアシスのような存在です。 (イメージ画像:「い…

秋田県の遠近感

新幹線でおよそ東京仙台1時間半、仙台秋田2時間または仙台新青森1時間半。 東京から東北が遠いというより、東北に入ってからが長く意外な感じがします。 なお大館から盛岡までは一日14往復も高速バスがあり、こちらは利便性に驚き。 (平成29年4月4日時点の…

わさおプルバックカー

おとなり青森鯵ヶ沢在住の秋田犬「わさお」が乗った軽トラのおもちゃ。 後ろに引いて手を離すと結構な速さで走ります。 購入した新青森駅は大館から秋田駅より近く、帰省でたびたび利用しています。

秋田美人の師匠

移住前から東京で江戸小唄を習っており、今も帰省時に通い稽古しています。 師匠の春日とよ芝鳳先生は秋田の横手市出身。 まさに秋田美人です。

りんご柄ガムテープ

大館から青森弘前市街は車で約1時間と、秋田市へより近く出かけやすいです。 弘前の街へ向かう道中の農産物直売所で見つけた可愛いガムテープ。 これで梱包された荷物が届いたら、思わず嬉しくなるかも。