秋田県で暮らす日記

大館市にIターンして見つけた地域らしさを紹介します

千年生きるケヤキのしめ縄を作る(大館市出川)

f:id:akitaodatelife:20170305195506j:plain

同僚の運転手さんの住む出川(いでがわ)集落にある、推定樹齢千年超の欅(けやき)の木に毎年奉納される、しめ縄作りを見学しました。

集落に生えるスゲを乾燥させたものと稲藁で、住民達の手作業により長さ約12mの大しめ縄をないます。

毎年4月8日、若木神社の祭礼で奉納行事がおこなわれ、新しいしめ縄に付け替えられます。

出川の欅(いでがわのけやき)大館市指定の天然記念物で、しめ縄作りはこの木の保存事業が始まった昭和63年から代々集落の人達によって受け継がれています。

1つの根から5本に幹が分かれ、根株周り28m、樹高23mほどの堂々とした迫力ある巨樹は、地域の守護木として大切にされています。

三つの束にしたスゲを手分けして継ぎ足しながら編み、6mずつ二本作る

f:id:akitaodatelife:20170305195813j:plain

稲藁をよじって縄にしたものは、紙垂(しで)がつけられ大樹に巡らされる

f:id:akitaodatelife:20170305195911j:plain

端の長短やスゲが飛び出した部分を切り整える

f:id:akitaodatelife:20170305195949j:plain

二つの縄をつなぎ合わせる

f:id:akitaodatelife:20170305200016j:plain

欅は見学自由で、根元に空洞があり中に入ることもできます

f:id:akitaodatelife:20170305200129j:plain

【出川の欅 所在地】秋田県大館市出川上沢岱

平成29年3月5日取材時点の情報です)

akitaodatelifejp.hatenablog.com

 

広告を非表示にする