秋田県で暮らす日記

大館市にIターンして見つけた地域らしさを紹介します

カンパニュラが鮮やか

視界に入ると一瞬ドキッとするほど原色の紫で、庭が絵のよう。

和名ではキキョウ科の蛍袋(ホタルブクロ)属となり、対照的に儚げな風情。

前住人や大家さんが植えたり種が飛んできたりで、色々生えてくる面白い庭です。

f:id:akitaodatelife:20170624170003j:plain

家賃は1万8千円

今住む9DKの貸家は月額18,000円で、入居前に調べた限り、大館の相場では格安。

敷地で営農する大家さんが、空き家が傷まないよう居住者を希望していたため。

車や暖房費と給与水準からは計算上割高とも言えますが、都会と異なる幸せが。

f:id:akitaodatelife:20170623195121j:plain

広告を非表示にする

ハウスは雨でも水やり

東北にも遅い梅雨が来て、昨日今日と雨降りの秋田。

露地の作物は天の恵みを浴びますが、屋根のあるハウスは毎朝水やり。

早起きは憂鬱だったのに、緑の匂いと静かな大館の朝、なんと気持ちの良いこと。

f:id:akitaodatelife:20170622192819j:plain