読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋田県で暮らす日記

大館市にIターンして見つけた地域らしさを紹介します

いぶりがっこをもらう

料理上手な地元のお母さんが作ったいぶりがっこをもらいました。 秋田では、こうした美味しいものの作り方を教え合う光景もよく見られます。 以前実家に持ち帰り以来、家族は次のがっこの帰省を待ち望んでいるようです。

育てたジャガイモを調理

家庭菜園で栽培したキタアカリは昨秋に段ボール3箱分収穫できました。 新聞紙で包み箱に入れ冷暗所で長期保存していた、冬ごもりに便利な食材です。 カマンベールチーズを挟んでいももちを作りました。

日本酒「高清水 春の純米」(秋田市 秋田酒類製造)

地元のスーパーにはやはり秋田産の日本酒がいろいろ並んでいます。 駅の売店や東京の居酒屋でもよく見かける高清水の、季節限定品を選びました。 いつか秋田全ての蔵元の味を確かめてみたいものです。

湯瀬温泉「和心の宿 姫の湯」(鹿角市)

山々と米代川の渓流が美しい温泉郷の宿に、日帰り入浴で訪れました。 風呂・個室・昼食付の値ごろなプランを利用(「じゃらんnet」掲載、要予約)。 気持ちのいい露天もある温泉と和室でくつろぎ松華堂弁当、満足の5時間でした。 (風呂は撮影不可のため、施…

ふきのとうが顔を出す

ゴオォ、ゴトゴトと不穏な音は、屋根の雪が特に気温の上昇で滑り落ちる様子。 庭先でも日当りの良い場所が雪解けし、ばっけ(蕗の薹)が見えてきました。 例年まだ雪は降るし寒いですが、小さい春が訪れています。

越冬の干し柿

同僚の重機オペレーターさんのお母さんが昨秋仕込んだ干し柿をもらいました。 冷凍すれば冬を越すほど保存でき、解凍しておいしく食べられます。 甘みが詰まりコーヒーの苦さと好相性、見習いたい暮らしの知恵です。

「ぴるない比内地鶏ハム・ソーセージセット」(大館市 あきた六次会)

地元のスーパーで見つけた、比内地鶏加工食品3種セットの少量パック。 100グラム入り店頭価格税別千円、少しずつと思うも一気に食べてしまいました。 うーん、大人買いしたい。

蕎麦大福をもらう

同僚の運転手さんの奥さんお手製、そば粉を生地にした大福餅。 甘いあんこがたっぷり詰まっていて、朝の始業を前に元気が出ます。 秋田では美味しいものを分けてもらう機会が多く、とてもお世話になっています。

キクイモの酢漬けを食べる

2週間ほど前かららっきょう酢に漬けていたキクイモを食べてみました。 これと温かいお茶で延々とつまめそう、簡単だけど上等です。 今年はキクイモを畑で作ってみようかな。 akitaodatelifejp.hatenablog.com

日本酒「純米大吟醸 鳥海山」(由利本荘市 天寿酒造)

「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2017」最高金賞受賞のお酒。 100円ショップのワイングラスで何だか優雅な気分です。 今年は鳥海山に登れるといいな。

「桜もろこし」(秋田市 斉藤製菓)

地元のスーパーで見つけた、桜の形をした春らしい諸越(もろこし)。 諸越は小豆粉でできた干菓子で、お茶請けにぴったりな秋田銘菓です。 定番の四角や丸形、秋田犬やなまはげの形など様々で、お土産にも喜ばれます。

キクイモの酢漬けを作る

大家さんが栽培したキクイモの酢漬けが美味しく、家でも漬けてみました。 分けてもらったキクイモを洗って薄切りし、らっきょう酢とビンに入れます。 生姜と見まごう、生でシャキシャキ食べられるお芋です。 akitaodatelifejp.hatenablog.com

日本酒手ぬぐい

秋田県内の蔵元の日本酒銘柄がずらりと書かれた手ぬぐい。 移住前に県内を巡った際、能代の雑貨屋で見つけて購入しました。 台所で使っていて、お酒好きにはいつ見ても素晴らしいデザイン。

干物を薪ストーブで焼く

大家さんが日本海で釣ったアジとハタハタを干物にしたものをもらいました。 冷凍庫から取り出してそのまま薪ストーブにホイルを敷いて焼いています。 日本酒が合うなー、うまい。